メディアコンテンツ

うるおい美肌に欠かせないセラミドの正体は「和栗」

2020.03.03

セラミドは、肌をみずみずしい状態に保つために欠かせない美容有用成分です。

 

美肌を保つために大切なのは、

1)肌に十分な水分があること

2)肌のバリア機能が働いて、外部刺激(花粉、紫外線、大気汚染など)から肌を守ること

肌の角質層にある細胞と細胞をつないでいる「細胞間脂質」は角質層から水分の蒸発を防ぐ役割があるのですが、この細胞間脂質の50%以上が『セラミド』と言われています。セラミドが減ってしまうと細胞と細胞の間がスカスカになっていき、水分が蒸発して肌は乾燥していきます。さらに「バリア機能」が低下してしまい、外部刺激を受けた肌は様々な肌トラブルを起こしてしまいます。

 

セラミドが減少してしまう原因

「加齢」

赤ちゃんのお肌はプルプルですが、年齢と共にセラミドは減少し、50代では20代のおよそ半分にまで減少すると言われています。

「洗いすぎ」

洗顔のしすぎで、セラミドが洗い流されてしまいます。洗顔の際に、ゴシゴシ擦ったりすると角質層からどんどんセラミドが失われてしまいます。

「ターンオーバーの乱れ」

ターンオーバー とは、お肌の生まれ変わりのこと。血流が悪くなったり、外部刺激(花粉、紫外線、大気汚染など)などにお肌が影響を受けると、肌の生まれ変わりのリズムが乱れ、新しい肌細胞が生まれにくくなってしまいます。古い角質がいつまでも肌に残り、お肌はカサカサな状態になってしまいます。

 

セラミドは、みずみずしいうるおい美肌のためには欠かせない成分ですね。

キトロ モイスチャー クリームには、このセラミドがたっぷり含まれています。

そのセラミドは、ヒト型セラミド。人間の皮膚に含まれているセラミドと同じ構造しているから、肌になじみやすいんですね。そしてなんと、キトロで使われているセラミドは「和栗」から抽出しています。栗の生産地として有名な茨城県笠間市で採れた「和栗」の栗皮を使用しています。

栗は、硬い皮で水分を保ち外的刺激からも中の実を守っています。美肌を保つための働きを同じですね。そんな栗皮から人間が持つセラミドと同じ構造をしたヒト型セラミドが抽出できるのは驚きです。

日本国産の美容有用成分を使用しているキトロ。栗からとれたセラミドの効果をぜひ、キトロモイスチャー クリームで試してみてはいかがですか?

 

キトロモイスチャー クリーム

配合成分 : セラミドAP (保湿成分)

TO TOP